債務整理費用の相場

債務整理の無料相談 > 債務整理費用の相場

債務整理費用の相場

費用説明

債務整理にはいくつかの方法があります。

その方法とは、特定調停、任意整理、個人再生(民事再生)、自己破産といったものがあります。

これらの方法の中からどれを選ぶかによって、債務整理にかかる費用は違ってきます。

それでは順に相場を見てみましょう。

 

4つの方法

@特定調停

この方法は弁護士や司法書士を介さずに、債務者自身が裁判所の仲裁を得ながら債権者に返済条件の軽減等の申し入れを行い、その和解を進めていく方法です。

そのため、基本的に事務手続きに関する費用程度ですみます。

A任意整理

特定調停と似ていますが、こちらは債権者との和解の交渉を弁護士または司法書士に委任して行われるため、依頼した弁護士または司法書士へ支払う報酬や事務手数料などがかかります。

その費用の算出方法は、多くの場合、債権者数(借入先の数)に比例して計算されています

金額はそれぞれの法律事務所(弁護士または司法書士の事務所)によりまちまちですが、概ね債権者1件につき3万円前後と、減額した金額に対する報酬金などが加わってくるところが多いようです。

ただし、ほとんどの法律事務所では、債権者が1件のみの場合は多少高く設定されています。

※過払い金の返還があった場合は、過払い報酬が加算されるところが多いようです。

B個人再生(民事再生)

通常の個人再生では35万円前後、住宅を手放さずに手続きをおこなう住宅ローン特則の場合は、その金額に5〜10万円加算されるといったところが多いようです。

C自己破産

概ね30万前後(高額な財産を所有していない「同時廃止」の場合)ですが、管財事件(高額な財産を所有しているような場合の自己破産)になると別に裁判所に収める費用が掛かりますので別途加算されます。