借金 相談 メール

借金相談メール

あなたの借金問題をメールで相談してみる

もう借金はこりごり!

ちょっとした軽はずみでしてしまった借金が、気が付けば100万、300万、500万・・・・と膨れ上がり、どうにも返済の見込みがなくなってしまったら、もう悪あがきはやめましょう。

借金の悩み

 

”借金はこりごり!”

 

今ならまだ、きっと元の生活に戻れます。

とは言え、債務整理を行おうと思っても、どのように申し込んでどのように債務整理が進んでいくのかという不安が付きまとうものです。

そのため、せっかく債務整理の入り口まで来ているのに、決断が付かぬまま、また引き戻してしまう方が非常に多いといわれています。

そんな一歩がなかなか踏み出せない方に、借金問題の相談の申し込みなどについて、債務整理の経験者である私が、簡単にご説明してみたいと思います。

借金問題の相談を申し込むという最初の一歩さえ踏み出してしまえば、スムーズに債務整理が行え、借金がなかったあのころに帰ることができますので、ほんのちょっとだけ勇気を出してトライしてみてください。

やった!

借金整理最初の一歩!

最初の一歩

裁判所に仲介してもらって、自分の力で債務整理を行うこともできますが、煩雑な手続きや、難しい法的な解釈。そして一番大変な債権者との交渉と、素人には簡単なことではありません。

そのためほとんどの方が、弁護士か司法書士に債務整理を依頼しています。

しかしその依頼にたどり着くまでのハードルを、勝手に自分で上げてしまいがちです。

どうしても、弁護士や司法書士というとお堅い職業に見えてしまい、とっつきにくく思ってしまったり、貸してもらった債権者に対しての罪悪感などなど、色々と思考が交錯して躊躇してしまいます。

でも、そこを断ち切って一歩を踏み出してしまえば、さんざん苦しみぬいてきた借金生活からの生還が実現します。

債務整理の依頼さえ弁護士または司法書士してしまえば、すべてあなたの代理人として債権者と交渉してくれたり、整理の段取りを行ってくれるので、あなたはその弁護士や司法書士に身をゆだねることができます。

そのためにもまずは、債務整理の相談窓口のドアをノックすることから始めまてください!

相談窓口をノックする

相談窓口のドアをノックするにあたって、あらかじめ知っておいてもらいたいのは、弁護士や司法書士は決して怖くも、お高くとまってもいないということです。

あくまでも、あなたを借金地獄から救ってくれる人で、借金を整理することに必要なこと以外は、何も干渉してくることはありませんので安心してください。

もし、どうしてもいまいち踏ん切りがつけられなかったら、最初は匿名で受けられるメール相談もありますので、そこから始めてみるのもいいかもしれません。

↓匿名で借金メール相談↓

 

行動をおこす

借金の無料相談は、まず申し込みメールを送ることから始まります。それぞれの法律事務所のホームページにメールフォームが設置されていますので、そこに必要事項を書き込んでください。

相談内容が書き込めるところには、借金の現状とその悩みなどを簡単でも構わないので書き込んでおくとよいでしょう。そうすることにより、その後の相談がスムーズになります。

 

メール

 

申し込みメールを先方が確認すると、返信メールまたは電話がかかってきて、いよいよ相談が始まります。

相談は、サラ金やクレジット会社などから、どのくらい借金があるのか?また、その借り入れ件数は?といった、まるでサラ金と同じような質問から始まり、その借金が現状の収入でどの程度の返済が可能かなどといったことから、債務整理の方法が割り出されていきます。

もちろん、その時点でも何も心配することはありません。あなたが疑問に思ったことや、相談事は親身に聞いてくれますが、それ以外はすべて事務的に進んでいきます。

ただしその際、借金の金額や収入についての数字は包み隠さず伝えてください。

ここで、数字を偽ってしまうと、あとあと計算が狂ってしまいます。背伸びせず伝えることが、債務整理の成功の肝になります。

大丈夫、借金の金額が多いからといって怒られることはありませんから。

 

債務整理の料金支払い

相談で割り出された結果により、債務整理の方法が決まり、いよいよ債務整理に移っていきますが、無料相談を受けたからといってそこで債務整理を行わなければいけないということはありません。

取りあえず、債務整理の料金の見積もりは出してもらっておきましょう。

債務整理について話がまとまったら、ここからいよいよ本番です。

ここまでの相談は無料で行うことはできますが、債務整理自体を行うには費用がかかってきます。債務整理の費用が手もとにないからと心配している方もいらっしゃいますが、手付金などは必要ないので、債務整理を行いながら分割で無理なく支払いができるので心配はご無用です。

債務整理を依頼するなら

債務整理することで、利子のカットや減額、過払い請求など、専門家(弁護士・司法書士)があなたの借金を整理しやすい状態にしてくれます。

ランキング1位

はたの法務事務所

奥様、ご主人にも内緒で整理したいなら

★全国対応・過払い金請求対応

  • 相談:無料
  • 初期費用:なし
  • 費用分割:可
  •  

    ◆任意整理の費用◆

  • 基本報酬:1社につき20,000円〜(税抜き)
  • 減額報酬:減額額の10%
  • 過払い金報酬額:返還額の12.8%〜

 

詳しくはこちら!⇒はたの法務事務所

ランキング2位

リヴラ総合法律事務所

★全国対応・過払い金請求対応

  • 相談:無料
  • 初期費用:なし
  • 費用分割:可

 

◆任意整理の費用◆

  • 着手金:1社につき39,800円〜(税抜き)
  • 成功報酬:1社につき19,800円(税抜き)
  • 減額報酬:減額額の10%
  • 過払い金報酬額:返還額の20%

 

詳しくはこちら!⇒リヴラ総合法律事務所

ランキング3位

アヴァンス法務事務所

★全国対応・過払い金請求対応

  • 相談:無料
  • 初期費用:なし
  • 費用分割:可

 

◆任意整理の費用◆

※全ての報酬の合計が債務件数により設定されたパック料金になっています。

  • 1社:139,000円(税抜き)
  • 2社:178,000円(税抜き)
  • 3社:197,000円(税抜き)
  • 4社:216,000円(税抜き)
  • 5社:235,000円(税抜き)
  • 6社:254,000円(税抜き)

以降追加1社当たり

  • 100万円以上:10,000円(税抜き)
  • 200万円以上:20,000円(税抜き)
  • 300万円以上:30,000円(税抜き)

 

詳しくはこちら!⇒アヴァンス法務事務所

チェック もし、ヤミ金からの借り入れがあったらココ!

ウイズユー司法書士事務所

★全国対応
★借りた元金の返済も不要

  • 相談:無料
  • 初期費用:なし
  • 費用分割:可

注意ヤミ金にはヤミ金対応で

ヤミ金業者は、通常の債務整理を行っている法律事務所では手に負えません。

もしあなたがヤミ金に手を出してしまっていたら、ヤミ金に精通した、ヤミ金対応の専門家に相談してください。

ひつこい取り立てや嫌がらせから解放されましょう!

 

詳しくはこちら!⇒ウイズユー司法書士事務所

なぜ今なのか

今、パワーが来ています

借金メール相談

「思い立ったが吉日」とよく言いますが、そんな時は迷っていながらも、目の前にあるハードルも飛び越えられてしまう勢いや、何かパワーのようなものがあるものです。

「エイヤー!」とばかり、踏み出せてしまう時なんですね。

いつまでも借金で苦しんでいては、大切な人生の貴重な時間がもったいない。だからこそ今を見逃さないでください。

思い立ったが吉日のパワーをもらい、人生のリセットのために、ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

悩み苦しみそして・・・

私も体験しているからわかります

どうしても楽な方に逃げたくなるのは人間みな同じものです。

でもいつまで逃げ切れるでしょう?

逃げ切れなくなったときに貴方はどうしますか?

ギャンブル

今が潮時、冷静に考える時ではありませんか?

実は私も年収以上の借金をギャンブルで見事に築き上げてしまった過去の持ち主です。そしてとうとう返済に行き詰まり、債務整理を余儀なくされました。

もちろんそこに至るまでには、悩んで、悩んで、悩み続けました。今、貴方がしているように、借金地獄から這い上がる術をインターネットで検索しまくりました。

でも、その時の私にお金を貸してくれるところはないのですから、もう債務整理しかなかったんですね。

無料相談で救われた

もう2〜3日で返済日が来てしまうというとき、返済するお金の都合がつかずもうどうにもならなくなってしまったので、思い切って債務整理の無料メール相談を受けました。

その返信で、借金生活からの脱出が思いのほか容易にできそうだったので、さらに色々と相談してみました。

結果、任意整理でその地獄から抜け出せるとの確信を得て依頼することになりました。年収500万の平凡なサラリーマンの犯した580万の借金整理の始まりでした。

相談しているうちに、どんよりと曇っていた心の中に日が差してくるような、また、一人で担いできた大きな肩の荷が下りるような生きる望みがわいてきたのを今でも覚えています。

本当に、依頼手続きが終わったときには、まだこれからが始まりだというのに、なぜか胃がス〜と軽くなりました。もし貴方が、借金のことばかり考えている毎日を送っているのなら、一日も早くこの気持ちを味わってもらいたいと心から思います。

 

借金メール相談

 

↓無料減額シュミレーターでチェック↓

債務整理を知る

債務整理の方法

借金メール相談

借金解決のための債務整理には、いくつか方法があります。その方法とは、借金のすべてをないことにしてもらう自己破産。そして、全ての借金は消えませんが、大きな減額をしてもらう個人再生。大きな減額は見込めませんが、利息をすべて免除してもらう任意整理といった種類があります。

自己破産以外は、減額や利息カットをしてもらい、その残りを一括、または分割で返済していくというものです。

債務整理は、以上のいずれかの方法によって借金を解決していきますが、どの方法で債務整理を行うかは、その債務者の借金の現状に見合った方法が用いられます。

よく、債務整理というと自己破産を思い浮かべる方が多いようですが、借金を返せなくなったからといって、全て自己破産するというものではありません。

自己破産は、どうしてもその方法をとるしか手立てがないという場合の最終手段です。債務整理を行う方の多くの場合、自己破産以外の、個人再生や任意整理といった方法で、借金地獄から抜け出しています。

それらの債務整理の特徴や、その方法を簡単にご説明しますので、ご自分の状況ではどのような方法で解決できそうかイメージしてみてください。

もちろん、債務整理を行っていくには、専門的な知識や経験が必要なので、ここに書かれていることだけで決められるものではありません。

最終的には、弁護士や司法書士の事務所が行っている債務相談窓口にメールを打ってアドバイスを受けることが一番の近道です。

任意整理

借金メール相談

まずは、債務整理を行っている方が一番多い任意整理についてご紹介します。

任意整理とは、弁護士または司法書士にお願いして、貴方と債権者の間に入ってもらい、借金の返済が楽になるように交渉してもらう方法です。

基本的には、これから先の返済の際には、利息を免除してもらい、現在残っている借金の元金のみ返済していくようにしてもらいます。

それと同時に、今まであなたが返済と同時に支払ってきた利息が、利息制限法に従った金額であったかどうかを調べてもらいます。もし、法外の高い利息を支払っていた場合には、払いすぎた利息を返還してもらうことができます。

それらの方法を施してもらったのち、一括、または3年から5年の分割で返済を行っていき、完済するという方法が任意整理です。

個人再生

借金メール相談

個人再生の場合は、任意整理でも返済がきつい場合や、借入金が高額の際に行われる借金救済措置です。

借り入れ残額が100万以上500万未満の場合には、返済額を100万に減額してもらい、500万以上の場合にはその額を1/5にまで減額してもらえるという方法です。

もちろん、これだけ大きな減額を認めてもらうには、任意整理よりかなりハードルが上がります。特に保有している財産があるような場合には、これを認めてもらうには難しい場合もあります。

但し、ローン中の家がある場合には、その家が財産とはならないので、家を手放差なければならないということはありません。

個人再生を認めてもらうには、いろいろな条件を満たしているかを裁判所に認めてもらわなければなりません。そのため、専門的な知識が必要となるので、弁護士や司法書士によく相談しながら進めていってもらいましょう。

自己破産

借金メール相談

自己破産は、上記の任意整理や個人再生でも解決できない場合に行われる借金救済措置です。

個人再生よりもそのハードルはさらに一段上がることになります。また、現在の借金をすべてなしにしてもらうわけですから、現在保有している高額なものは、手放さなくてはなりません。

もちろん、生活していくのに必要とされるものは対象にならないので、その点は安心してください。

また、戸籍に傷がついてしまったり、本人を含めて、家族の方の学校や会社関係に連絡されるなどといったこともありませんので安心してください。

これらのいずれの方法で債務整理を行っていくかは、豊富な知識と経験を積んでいる専門家が、あなたの状況から判断してくれます。

もちろん、いずれの方法を行うにしても、裁判所の手続きから債権者との連絡、交渉に至るまで、依頼した弁護士あるいは司法書士があなたの代理人となりきちんとサポートしてくれます。

とにかく、借金は放って置くことはできません。また、勢いのついた借金は信じられないくらいの勢いで大きく膨らんでしまいます。

専門家へ相談メールを送るだけで解決のめどが立ちます。借金の解決はその一通のメールから始まります。

 

>>債務整理事務所紹介に戻る